トップページ > 製品特徴 > 太古層水(フムスエキス)とは

製品特徴 FEATURE

自然にこだわったナチュレール・イオンです。

フムスエキス(太古層水)とは

昔から、鳥たちが疲れた羽を休めるために集まる土壌がありました。
専門家の分析によれば、この土地はかつて海の中に埋没していた場所であり、現在は地上にありながらも海洋性物質を多く含む土壌であることがわかりました。地質学的にみると、数百万年から数千万年以上も前に、海草や藻類、植物、魚介類などの死骸がこの土地に埋没し、分解され、海洋性物質を多く含む土壌を熟成させてきたのです。そして数百万年もの時間をかけて徐々に海底から地上に隆起し、現在のような地形になったと考えられます。この土壌から抽出した天然エキスが、奇跡のミネラル原液「太古層水」です。太古層水には、23種類以上のミネラルイオン成分や20種類以上のアミノ酸、4種類以上の酵素、多糖類、そしてビタミンが含まれており、その成分の多さは「湯華石抽出液」と同様に素晴らしい物であることが分かりました。

ミネラルにはさまざまな働きがありますが、特に体にとって有用な働きをする亜鉛、マグネシウム、マンガンの含有量が多いのもすぐれた点で、体内に発生する活性酸素を除去する働きのあるSOD(スーパー・オキシド・ジムスターゼ)を活性化するためにとても重要なミネラルなのです。こうしたミネラルをしっかりと摂ることで、活性酸素が抑えられれば、病気や老化の予防に役立ちます。
ミネラルは体の生体機能を高めるためにたいへん重要な働きをしますが、それほど大量に摂取しなくてもしっかりと作用するため、必要な栄養素としてはこれまではそれほど重要視されていませんでした。しかし体内におけるミネラルの働きが次第に明らかになり、また現代人の食事が加工品などを多く摂るようになって、ミネラルが不足する傾向にあることも心配されています。そのなかでしっかりと多様なミネラル分が補給できるこの太古層水は、まさに現代人にこそ必要な、そして効果の高いものといえましょう。

太古層水に含まれている主なミネラル等の成分と、体内への作用は次のとおりです。

●ミネラル…ビタミンと同様に、体の機能を正常に保つための重要な働きをする物質です。またタンパク質や他の化合物と結びついて生体の成分となったり、カルシウムやマグネシウムのように歯や骨の材料となる物質もあります。

[主要ミネラル]
●カルシウム…骨や歯の主要成分。少量ながら血液中にも含まれ、生体機能の正常な働きや調整にも重要な働きをしています。動脈硬化や高血圧の予防にも必要な栄養素であり、神経がイライラする時にも神経を鎮静化させる働きがあります。日本人の食生活はカルシウム不足の傾向にあることが指摘されています。

●マグネシウム…生体内の300種類以上の酵素と結びついて、生体バランスを保ったり、活性化させる重要な働きをします。また、血管の老化を防ぎ、心臓などの循環器系の疾患予防や、動脈硬化、糖尿病、高血圧症といった生活習慣病を予防する働きもします。加工品や肉をよく食べる食習慣のある人は、特に積極的に摂りたい栄養素です。

●カリウム…ナトリウムが過剰に摂取されるとこのカリウムが排泄を促進させる働きをします。また、抹消血管を拡張させるので血圧を下げる作用もあり、高血圧の予防になります。

●ナトリウム…カルシウムやタンパク質を血液中に溶け出しやすくする働きや、細胞外液中に存在して、細胞が正常な働きをするのを助けます。しかし慢性的なナトリウム(食塩)の過剰摂取は高血圧症や脳出血などの原因となります。カリウムと一緒に摂取すると過剰分の排出が促進されます。神経や筋肉の興奮を鎮める働きもあります。

[微量ミネラル]
●鉄…血液の赤血球の構成成分として存在し、血液中に酵素を取り込み、全身に供給する働きがあります。免疫系を刺激して活性化させる働きもあるので、免疫力が高まり、病気に対する抵抗力をつけます。

●亜鉛…細胞の生成や体の成長に欠かせない成分。細胞を新しく作り出すときにも不可欠で、傷の回復を早める働きもあります。各種ホルモンとの関係も深く、成長や性機能の発育にも大きく関与しています。不足すると味覚異常を起こします。

●マンガン…酵素の働きを促進させるための重要なサポート役。骨代謝、糖・脂質代謝、皮膚代謝など、体のさまざまな部分で役割を果たしています。不足すると子供では成長が遅くなり、大人では生殖能力が減退することで知られています。

●コバルト…ビタミンB12の成分で、赤血球を生成し、悪性貧血を防いだり、神経の働きを正常化させます。また、集中力を高める働きもあります。

●ケイ素…人間の体の組織と組織をつなぐコラーゲンを強化する働きがあります。特に骨や腱、
血管、歯、爪など人の体の部分でも固いところに多く含まれていますが、不足するとそれらの部分が弱くなったり、衰えたりします。

●アミノ酸…タンパク質を合成する成分。生体内の酵素やホルモンの材料としても使われ、生理活性作用を高める働きがあります。また、神経伝達物質や神経機能調節物質としての働きや、脳神経細胞の働きを調節するなどの大切な役割を持っています。

●酵素…生体内で起こる化学反応の触媒となる化合物。食べ物を消化分解したり、生体内の自己防衛機能や自己再生機能を活性化させるために、重要な働きをします。その種類は多種多様で、化学反応に応じて作用する酵素の種類が異なります。

●ビタミン類…体の機能を順調に、維持、調節し、生命維持に欠かすことのできない栄養素。欠乏するとさまざまな病気の原因となります。おもにビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち臓器の成長を促進する、ビタミンB群はエネルギーの生産に重要な役割を果たす、葉酸は血液を正常に保つ、などの働きが認められています。

ミネラルの体にもたらす作用の研究は、最近、急速に進歩してきましたが、まだまだ未知の部分を多く含んでいます。ここにあげた人に対する体内の作用も代表的なもので、それぞれのミネラルが単独で、あるいは複数のミネラルが互いに関連しあい、生体の成分となったり、さまざまな生体機能の活性化や正常に保つための働きを行なっていることが予測されます。またこの実験では検出限界以下となって数値としては現れなかったものも、土壌に含まれているミネラルが溶解して、微量にふくまれている可能性も十分に考えられます。なぜなら、こうした作用だけではない不思議な働きが、太古層水には多く認められているからです。

わたしたちすべての生き物の、命の発祥は海にあります。なぜなら地球上にはじめて命を持つ生き物が誕生したのは海だったからです。そして気の遠くなるような長い年月を経て、生物は進化を繰り返し、植物や動物、そして人間という存在が地球上に誕生するようになりました。
そして海を故郷とする生き物の記憶は、今でもしっかりと人間の体の中に刻み込まれています。人間の体の中にある体液にはさまざまなミネラルが含まれているのですが、その成分の比率をみると、なんと脊椎動物が海から誕生した時代の海水の比率とほぼ同じことがわかりました。原生人類が地球上に誕生して約20万年もの時が経過したといわれますが、その時間を経てもなお、私たちの体には海を故郷とする記憶が刻まれているのです。このことからも、海の存在が今も生物にとって、たいへん貴重な役割を果たしていることがわかります。

製品特徴

  • 湯華石抽出液(温泉沈殿抽出物)
  • 太古層水(フムスエキス)
  • 貴宝石
  • 自然派化粧品と健康食品をお届けします 取り扱い製品
  • 大変喜ばれています! お客様の声 多くのお客様の喜びの声をお聞きください。
  • メイク・皮脂・汚れをふき取るクレンジング[薬用]死海の塩クレンジングウォーター
  • 泡でやさしく毛穴の汚れを落とす死海の塩クレンジングフォーム